読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハゲ理論

ストレスのないライフスタイルで髪を復活させることに成功。ちなみにミノフィナは効かなかった。海外と日本を行き来する生活をしながらフリーランスとして働く。そしてこのハゲ理論を運営。

ハゲ予防にはナッツを食べるべき理由

食生活 ハゲ・抜け毛・薄毛の知識

「最近髪にボリューム減ってきたな。でも薬やサプリメントを飲むほどじゃない」という人は多い。確かに禿げてもいないのにプロペシアミノキシジルを摂取するのはどうかと思う。

 

でも若い人ほどハゲの進行は早い。だから薬を飲まないまでも、何らかの対策をすることは大切。以外とそれらが効果を発揮してくれることもある。

 

僕のハゲの原因はストレスにあったため、ストレスのない生活スタイルに変えてから、髪の毛が復活した。

 

それでも生活習慣の改善もかなりストイックに行っていた。その1つが「ナッツ」を食べることだ。あまり知られていないが、カシューナッツやアーモンドをはじめとするナッツにはハゲ予防につながる作用が多数あり、食べざるを得ないと判断したからだ。

 

たんぱく質が豊富に含まれてる

Nuts

髪の毛というのはケラチンというタンパク質からできている。食事からタンパク質を沢山摂取すれば髪が瞬く間に生えてくるという単純な構図ではないが、摂取する必要は絶対にある。

 

なぜならプロペシアミノキシジルを飲んで、抜け毛を引き起こす物質を阻害しても、肝心の栄養がなければ、髪の毛は生えてこないからだ。

 

で、ナッツにはタンパク質が豊富に含まれている。しかも良質なものだ。さらに、植物性たんぱく質であるため、とっても体にいい。

 

鶏肉、牛肉、豚肉から取れる動物性たんぱく質には、それはそれでメリットがある。含まれているアミノ酸の量だ。これは植物性たんぱく質よりも多い。しかしデメリットもある。脂質の多さだ。動物性の脂は体に入るとドロドロになる。焼肉を食べた後のお皿を見て貰えばわかるが、常温だと真っ白になる。同じようなことが体の中でも起こるからだ。

 

ナッツにも脂質が含まれているが、こちらは植物性であるため、動物性ほど悪影響はない。オリーブオイルのように常温でもサラサラであるため、体に入ってもドロドロとすることはない。

 

 

ビタミン・ミネラル豊富

Nuts

僕がナッツを摂取する決め手となった一番の理由はこれだ。ナッツの種類によって含まれている栄養の種類は違うが、どれも豊富にビタミンやミネラルを持っている。特にビタミンEとビタミンB群を豊富に含んでいる。アーモンド、カシューナッツ、クルミ、ピーナッツなど、どれにも言えることだ。

 

実はこの二つのビタミン、薄毛対策にとっても効果的なのだ。

 

ビタミンE

ビタミンCと同様にビタミンEには抗酸化作用があり、体内の活性酸素の量を減らしてくれる。つまり血液をサラサラにしてくれる効果がある。さらにビタミンEは毛細血管を広げて、血流を良くしてくれる。ハゲや抜け毛は、頭皮の血流の悪さに起因していることもあるため、髪を復活させるに積極的に摂取するべきビタミンだ。

 

ビタミンB群

これにも髪にとって素晴らしい作用がある。大きく分けて二つ「アミノ酸の生成・分解」「神経伝達物質の生産」だ。

 

まず一つ目の「アミノ酸の生成・分解」から説明していく。髪はケラチンというタンパク質からできているが、たんぱく質の元はアミノ酸だ。つまりアミノ酸が不足していれば、良質な髪の毛は作られない。だからビタミンBというのは良質な髪を生やすためには不可欠なビタミンだ。

 

そして「神経伝達物質の生産」。僕はハゲの原因のほとんどはストレスからきていると考えている。こちらの記事で詳しく書いているので、読んで貰えばわかるが、何より僕自身がストレスをなくすことによって髪を復活させられたからだ。

 

で、このビタミンB群はストレスによって著しく消費されてしまう。というのも神経伝達物質GABAの生産に関わっていて、ストレスによって分泌量が増えればビタミンBもたくさん消費されるからだ。

 

すると、髪の成分となるアミノ酸の生産・分解に費やされるビタミンBが消えてしまう。これがストレスを抱えると老け込んだり、髪が抜ける原因だと僕は考えている。

 

ストレスを強く感じている人は、ナッツ類から積極的にビタミンB群を摂取するようにしよう。

 

各ナッツに含まれる成分(100g中)

✔︎ アーモンド

ビタミンE:29.6mg

ビタミンB2:0.92mg

ビタミンB1:0.24mg

カリウム:770mg

カルシウム:230mg

マグネシウム:310mg

鉄:4.7mg

エネルギー:598kcal

出典 - ナッツの栄養

 

✔︎ カシューナッツ

ナイアシン:0.9mg

ビタミンB1:0.54mg

ビタミンB6:0.36mg

亜鉛:5.4mg

鉄:4.8mg

マグネシウム:240mg

カリウム:590mg

エネルギー:576kcal

出典 - ナッツの栄養

 

✔︎ ピーナッツ

ビタミンE:11.4mg

ビタミンB1:0.85mg

ビタミンB2:0.10mg

ナイアシン:17.0mg

ビタミンB6:0.46mg

鉄:1.6mg

カリウム:740mg

エネルギー:562kcal

出典 - ナッツの栄養

 

 

血行を促進する

Relax

ナッツの効果は十分理解しただろうか?これで満足してはいけない。まだまだある。血行を促進する作用がある。先ほどビタミンEのところで血行促進について話したが、ナッツに含まれるある成分によっても効果がもたらされる。オメガ3脂肪酸だ。

 

どこかで聞いたことがあるのではないだろうか?これは主に魚に含まれることで有名だが、ナッツからも摂取することができる。

 

オメガ3脂肪酸には悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用がある。ご存知の通り悪玉コレステロールは血液をドロドロにする。だが、ナッツにはそれをサラサラな状態に戻す作用があるのだ。

 

さらに悪玉コレステロールが減ることには、もう一つメリットがある。男性ホルモンの一種であるアンドロゲンの分泌を抑えられることだ。

 

実はアンドロゲンはコレステロールを材料にして体内で作られる。そしてアンドロゲンは頭皮に存在する転換酵素と結びつきジヒドロテストステロンという悪性男性ホルモンに変換される。こいつ脱毛を起こすのだ。

 

つまりオメガ3脂肪酸を摂取し、血中のコレステロール値を下げることができれば、男性ホルモンの分泌を抑え、薄毛の原因になる物質の発生を少なくすることができる。

 

 

デトックス効果

Sauna

人間の体は体内に溜まった毒素を汗や尿から排出しようとするが、実は髪の毛もその一つだ。

 

お酒を飲んだ時にトイレに頻繁に行きたくなるのは、体に入ってきた毒素を分解して、体外に排出しているからだが、この理論を髪の毛に応用させると何が起こるだろうか?そう、髪の毛が抜ける可能性がある。実際は科学的な話だから、もっと複雑なメカニズムがそこにはあるが、シンプルに考えるとこうなるだろう。

 

だから体に毒素を取り込むのは基本的髪に良くないことだ。視界s現代社会を生きる上では毒は避けられない。食べ物には大量の添加物が含まれているし、空気中には排気ガス、歯磨き粉にはフッ素、シャンプーには化学物質。

 

お金をかけて避けられる部分に関しては避けているが、どうしても無理な時もある。

 

ここでナッツの出番だ。ナッツには豊富に食物繊維が含まれている。それは体内で分解することなく体外に排出される。その時、同時に体にある毒素も排出してくれるのだ。そのため本来なら身体の機能によって排出される毒素も、食物繊維が代わりに体から追い出してくれる。

 

 

まとめ

すべての項目をまとめておこうと思う。

 

たんぱく質が豊富に含まれてる

・ビタミン・ミネラル豊富

・血行を促進する

デトックス効果

 

どれを見てもナッツが髪や頭皮に良いことがわかる。そして何と言っても、ナッツの良いのは自然なところだ。ビタミン・ミネラルのサプリメントはそれ自体には全く害はないし、むしろ健康を促進してくれるが、含まれている成分の割合は自然のものにはかなわない。

 

体というのは、単一の栄養素を摂取してもうまく吸収してくれない。髪に良いからといって亜鉛サプリだけを毎日欠かさず飲んでいても、意味がない。重要なのはバランスのとれた形で体に取り入れることだ。

Eating.

 ホールフードというのも考えは一緒だ。食材の端から端まですべて食べきることで、体にバランスの良い栄養を流すのが目的だ。

 

そしてナッツはまさしくホールフードだ。

 

僕はお腹が空いた時に食べるようにしている。栄養素も多いがカロリーも高いので、美味しいからといって、食べ過ぎには注意。もちろん僕は食べすぎる。

f:id:better_life:20160927222815j:plain

 

広告を非表示にする