読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハゲ理論

ストレスのないライフスタイルで髪を復活させることに成功。ちなみにミノフィナは効かなかった。海外と日本を行き来する生活をしながらフリーランスとして働く。そしてこのハゲ理論を運営。

育毛剤は無意味だから!発毛効果はないし高い金払わされるだけ

みんなは髪を生やすためにどんな方法を用いているだろう?プロペシアミノキシジルを摂取して薄毛の原因となる物質に直接的に働きかけ、食生活を正す。これは正攻法だと言える。僕自身、ミノフィナは効かなかったが、ストレスなないライフスタイルに変更し食生活を徹底的に正したことによって髪が復活した。

 

では育毛剤はどうだろう?

 

テレビCMでもたくさん広告が流れているから、使っているという人は意外に多いのではないだろうか?しかし長い間使っているのに効果が全く実感できないという人も多いのが事実だ。むしろ発毛を一切実感できないという人がほとんどだろう。

 

そりゃそうだ。育毛剤には”発毛効果”なんて一切ないんだから!

 

 

そもそも何で”育毛”剤っていうか知ってる?

Medicine

発毛効果がある医薬品は今のところ、プロペシアミノキシジルだけだ。では育毛剤にはどんな効果があるだろう?

 

ない。

 

少なくとも発毛効果は絶対にない。なぜなら"育毛"剤だからだ。こういった商品を売るときには薬事法というのを遵守しなければいけない。簡単に言うと「効果のないものを、効果があるように見せかけるような紹介をしてはいけない」というルールのことだ。

 

だから育毛剤は"発毛"剤とは呼ばれないわけだ。

 

育毛剤が売っているサイトを意識して見るとわかるが、「発毛」「治す」といった、明らかに育毛ではない効果が書かれることはない。少なくとも、薬事法を遵守している真っ当なサイトならないだろう。

 

つまり育毛剤を売る側の人間は「育毛剤で髪の毛が生えてこない」ことをよく理解している。そしてハゲに悩んでいる人は、そんなゴミのような商品を高額で買わされているわけだ。

 

今ある髪を艶やかにしたいとか、強くしたいというなら育毛剤もありかもしれない(僕は絶対に買わない)。でも髪の量を増やすことが目的であれば、育毛剤は無意味と言わざるをえない。

 

 

 

売る側は金儲けしか考えてない

Medicine Cost

商品を売る側の立場に立てばわかるが、ほとんどの商品は金儲けのために作られている。これは育毛剤に限ったことじゃない。

 

ファストフード店はコストが安くなるなら多少品質が悪くても安い材料を買う。洋服はコストを抑えるために発展途上国で作られる。

 

商品に対するこだわりは殆どない。あるのは金に対するこだわりだけだ。そもそもハゲに本気で悩んだこともないような人が、しっかり効果の出るこだわりある商品を作れると思うか?無理だ。ハゲに悩む人の気持ちがわからないからだ。

 

逆に本気で悩んだことがある人なら、効果のない商品を売るような真似はできない。

 

育毛剤というのは一種のビックビジネスだ。なぜなら悩む人の数が莫大であるのに加えて、治りにくく、商品は飛ぶように売れていく。

 

そこにつけこんでビジネスが行われる。「育毛剤は長く継続的に使うことで、効果を実感できます」といった宣伝文句があるが、こんなものはクソくらえだ。何が継続的に使うことで効果が出るだ!ただ長期的に金を巻き上げたいだけだろ!育毛剤の広告を見たらこのように対応しよう。

 

確かに中にはこだわりを持って作られている育毛剤もあるかもしれない。だから全部が全部ダメな商品とは言わない。ただ、本当に効果が有るものなら世界的なヒットをしているはずだし、売る側はもっと大々的にBefore&Afterの写真を載せるよねという話だ。

 

 

頭に液体かけるだけで髪が生えるわけないでしょ

Mud Fest 2008

僕は育毛剤を使っている人の気持ちが全くわからない。どういった考えで使うことを決めたのかが気になる。

 

だって、頭に液体をかけたって効果が出るはずがないでしょ。

 

例えば何か栄養を摂取したいときに、あなたはその栄養を肌に塗り込むだろうか?ガンを治療したいときに塗り薬で治すだろうか?下痢を塗り薬で治すだろうか?

 

答えは全てNoだと思う。塗り薬でどうこうなる問題じゃないからだ。栄養をとりたければ食べることが一番だし、下痢を治したければトイレに行くことが一番だ。

 

もちろん薄毛もそのうちの一つだ。花に水をやるように髪が生えてくるはずがない。

 

薄毛を治したければストレスのない生活を送り、食生活を正す。それだけでもハゲの原因であるジヒドロテストステロンの分泌を抑え、血流を良くし、髪に必要な栄養素もたくさん摂取することができる。

 

それでもダメならプロペシアミノキシジルを摂取して、直接的に薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの分泌を抑えればいい。

 

僕が言いたいのは安易に薬に頼るなということ。そこに手を出す前にやることがあるでしょって。

 

そもそも塗り薬で治る病気は殆どない。僕は昔アトピーだったから、毎日薬を塗っていたが、根本的な治療ではなく、慰め程度に痒みを取ってくれるだけだった。当時の僕は小さかったからどんな薬を処方されていたか知らないが、ステロイド系の薬を使っていたとしたら、副作用によるデメリットの方が大きかったかもしれない。

 

着けたり塗ったりするだけで効果を発揮するのは女性の化粧くらいだ。男性を騙すには十分すぎるくらいの効力を持っている。

 

 

ミノフィナしか抜け毛を止める作用ない

hair

ここまで散々、育毛剤の悪口ばかりを言ってきたから、ここでバランスを取るために、効果の有る育毛剤について語ろうと思う。

 

唯一効果の認められているものはリアップだ。

 

これにはミノキシジルが含まれているからだ。ミノキシジルの発毛効果は医学的に証明されている。だから薄毛治療のために育毛剤を買うのであればミノキシジルが含有されているかどうかを基準に選ぼう。

 

ただ、僕はミノキシジルプロペシアも服用している時期もあったが、効果を全く実感できなかったため、これを含んでいる育毛剤の効果に関しても疑問だ。むしろ長期的視野で見たときの副作用によるデメリットの方が気になってしまう。だから服用をやめた。

 

僕はストレスのない生活とストイックな食生活で髪の毛を復活させられた。そう考えると男性ホルモン以外が原因の人も多いのだろう。 

 

まずは心身ともに健康的に生きるところから始めてみよう。

広告を非表示にする