読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハゲ理論

ストレスのないライフスタイルで髪を復活させることに成功。ちなみにミノフィナは効かなかった。海外と日本を行き来する生活をしながらフリーランスとして働く。そしてこのハゲ理論を運営。

若ハゲを治すために、ビタミンを摂取する重要性を知っているか?

一般的にハゲ治療といえば、プロペシアミノキシジル、L-リジンなどが有名だが、ビタミン・ミネラルの重要性について理解されていないのが、僕にとっては不思議でしょうがない。

 

ビタミン・ミネラルは髪を作るための栄養になる。これだけでも重要性が分かるが、ハゲの最たる原因であるストレスによって大量に消費されてしまうのだ。つまりストレスを受けると髪に必要な栄養素がストレスに対処するために使われてしまうため、髪に行き届かないという構図だ。

 

僕はこのことに気づいてから、ビタミン・ミネラルの摂取に着手し始めた。主な摂取方法はマルチビタミンサプリメントだ。その方法については最後に話すとして、まずはビタミン・ミネラルがなぜハゲ対策として大切なのかを話していく。

 

 

ストレスによってビタミンは大量に消費される

176/365  "And the heart is hard to translate, It has a language of it's own."

 

プロペシアミノキシジルはハゲ治療で最強の薬として知られている。ハゲの原因となるシステムに直接働きかけるからだ。一方のビタミン・ミネラルはみんなも知っている通り、直接的にハゲを治す効果はない。

 

ではなぜ僕がハゲ対策にはビタミン剤が必要と言っているのかというと、冒頭でも述べた通り、ビタミン・ミネラルは新しい髪を作るための栄養素であり、ハゲの根本的な原因の一つであるストレスによって大量消費されるからだ。

 

この考え方を知っている人は実はほとんどいない。ビタミン・ミネラルが髪を作る材料になるという当たり前の考えですら、忘れ去られてしまっているのは実に不思議だが、多くの人は簡単に効果が出そうな薬に飛びついてしまうから、まぁ無理はないだろう。そういう意味で、この情報にたどり着けた人は非常にラッキーだ。

 

まずは髪に重要なビタミンであるビタミンB2、B6、E、C、と、それがストレスによって消費される理由を書いていく。

 

 

ビタミンB2

Camembert

納豆やカマンベールチーズなどの発酵食品や、豚、鳥、牛レバーにも含まれているビタミンだ。髪や皮膚をきれいに保つことから美容のビタミンと言われることもある。僕らは美容を目的としていないが、髪をきれいに保つことはもちろん重要だ。またビタミンB2が不足すると頭皮や皮膚が脂っぽくなる。それはやがて毛穴の詰まりになることから頭皮環境を整える上で重要。

 

ビタミンB群は、ストレスによって機能が弱まった神経伝達物質の代わりをするビタミンだ。つまりストレスを受けるほどにビタミンBは消費されるため、髪をキレイにする栄養は減っていき、頭皮は油っぽくなっていく。

 

 

ビタミンB6

sushi

髪はケラチンというタンパク質からできている。掘り下げると、そのタンパク質は18種類のアミノ酸からできている。そのためそれらのアミノ酸を肉などから摂取することが髪には重要なわけだが、それ以上にアミノ酸を効率よく吸収する必要がある。タンパク質をいくら取り込んでもアミノ酸に分解できなければ、体外に排出されてしまうからだ。ビタミンBはアミノ酸の分解を助ける補酵素だ。つまり、ビタミンB6が髪の構成成分となるアミノ酸を体内で吸収しやすくしてくれるのだ。

 

実はビタミンB6も神経と深く関係している。脳の細胞間での情報伝達を行う神経伝達物質であるGABAの生産に関わり、精神を安定した状態に保つ役割を果たしている。しかし、ストレスによって神経伝達物質が大量に消費されると、同時にビタミンB6も消費され、髪を作るアミノ酸が体に取り込まれにくくなってしまうのだ。

 

 

ビタミンE

Almonds

アーモンド、落花生、ほうれん草に含まれるビタミンだ。実は、ハゲ対策には切っても切り離せない栄養素。というのもこのビタミン、活性酸素を攻撃して、体を酸化から守る効果があるからだ。ご存知の通り、ハゲは血行不良によっても引き起こされるわけだが、活性酸素が増えると血中の悪玉コレエステロールを酸化し、動脈硬化を加速させる。こうなると十分な血液が頭皮に届かずに、髪の毛が抜け始める。

 

活性酸素が増える最たる原因はストレスだ。人はストレスを感じると、それに対抗するために副腎皮質ホルモンというものを分泌し、その副産物として活性酸素を生じてしまう。ストレスを感じるほどに活性酸素が増え、それを除去するために大量のビタミンEが使われる。つまり「ストレス=ビタミンEの消耗」なのだ。

 

 

ビタミンC

lemons

ビタミンCには実に様々な機能がある。「白血球の働きを助ける」「コラーゲン生成の要素」「ストレスに対抗する」などだ。これだけ見ただけでも絶対に欠かすことのできない栄養素の一つであることがわかる。僕らが注目すべき点は、「活性酸素を減らす効果」と「ストレスへの対抗」だ。ビタミンCは抗酸化作用を持っているため活性酸素を減らす。そして抗ストレスホルモンのアドレナリン生成に欠かせないビタミンだ。

 

逆に言えば、ストレスへの対処をするたびにビタミンCを消費することになる。すると、抗酸化作用に使うはずだった分も、細胞同士を結合させる役割を担うコラーゲンの生成も行われにくくなってしまう。なぜかといえば、肌を美しく見せることは、ストレスへの対処よりも優先順位が低いからだ。

 

 

結局何を摂取すればいいのか

Eating!!!

抜け毛対策のために積極的に摂るべき栄養素は、ビタミンB群(B1、B2、B6、B12)ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA、葉酸、ビオチンだ。先ほどはストレスで消耗するビタミンを上げたが、こちらでは髪の成長には欠かせないビタミン全てを上げた。

 

特にビオチン(ビタミンH)は重要だ。というのも、これが欠如すると白髪が増えたり、抜け毛が増加することが分かっているからだ。ビオチンは細胞分裂にも関わっているため、髪が抜ける原因になるのも頷ける。

 

 

先ほど挙げた、ハゲ対策のために積極的に摂取すべき栄養素の機能をシンプルにまとめた。最低でもこれらは押さえておこう。

ビタミンB1:精神の安定を保つ(ストレスから髪を守る)

ビタミンB2:髪や肌を美しく保つ(力強い髪を作る)

・ビタミンB6:神経伝達物質GABAの生産(ストレスに耐える)

ビタミンB12赤血球を正常にする(血流を良くする)

ビタミンE活性酸素を減らす(血流を良くする)

・ビタミンC:活性酸素を減らす(血流を良くする)

・ビタミンA:細胞の成長促進(髪を正常な状態に保つ)

葉酸動脈硬化を防ぐ(髪への栄養を担保する)

・ビオチン:不足すると抜け毛が増える

 

 

どのように摂取するべきか

Nicole and Smoothy

栄養というのは、どれか一種類をたくさん摂取すればいいというものではない。バランスよく、様々な栄養素を摂取することで、効率よく体に吸収されるようになっている。

 

そのため、ストレスから体を守るためにと言って、大量のビタミンCを一度に取り込んでも意味がない。過剰に摂取されたものは、吸収されることなく体外に排出されてしまうからだ。

 

バランスの良い食事をとることが一番だ。でも、僕らのような忙しい現代人にとっては、毎日献立を考えて、栄養豊富なオーガニックの野菜を毎日たくさん摂取することは難しい。もちろんそれが一番なわけだが、続かなければ何の意味もない。

 

となると最良の手段はマルチビタミンを飲むことだ。マルチビタミンは健康維持のために必要な栄養素がふんだんに含まれている。食生活で不足しがちな栄養素のことをうまく考えて作られている。

 

 

復活した僕が髪を維持するために、未だに摂取しているのが、ネイッチャーメイドのスーパーマルチビタミン&ミネラルだ。選んだ理由はもちろん、ストレスで消費してしまうビタミン類を全て含んでいること。そして綺麗な髪を維持するために必要な栄養素(ビオチン、葉酸亜鉛、鉄)が十分に含まれていたからだ。

 

f:id:better_life:20160925183706j:plain

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 

 

このボトルかなり大きい。2年前、最初に購入した時は、写真で想像したものよりもかなり大きくて驚いた。もちろん持ち歩くには不便だ。だから僕は小さなケースに数錠入れて持ち歩いている。

 

一粒はこのくらいのサイズ。飲み込むのが辛い人はピルカッターを使うといい。

 

f:id:better_life:20160925183912j:plain

 

味やニオイは少し変わってるが、我慢できる。これで全てのビタミンが摂取できるなら喜んで飲むと思えるレベルだから、安心してほしい。

広告を非表示にする