読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハゲ理論

ストレスのないライフスタイルで髪を復活させることに成功。ちなみにミノフィナは効かなかった。海外と日本を行き来する生活をしながらフリーランスとして働く。そしてこのハゲ理論を運営。

ハゲが彼女を作るための恋愛戦略を教える!LOVE理論を応用したハゲ理論だ

恋愛 ハゲ・抜け毛・薄毛の知識

今の若者は恋愛離れと言われていて、ある調査だと20代から30代の男女7000人に対して行われた調査では、実に4割が「恋愛をしたくない」と答えたそうだ。

 

これだけでも驚きだが、ハゲている人だけを対象に意識調査を行ったら、8割以上が恋愛をしたくないと答えるだろう。容姿に対するコンプレックスが原因で、傷つくのが怖いからだ。

 

僕もその気持ちは良くわかる。ハゲてから極端に恋愛を敬遠するようになったから。「こんな自分と付き合ってくれる人なんて、いるはずがない」とか「付き合えてもすぐに嫌われる」なんてことを常に考えていた。

 

でもそれは事実じゃない。何しろ僕自身が薄毛に悩んでいる当時の状態でも彼女ができたからだ。

 

どんなテクニックを使ったのかって?

 

LOVE理論だ。

 

LOVE理論

f:id:better_life:20161005235033j:plain

ネット上には様々な恋愛サイトが乱立している。どれもこれも似たような内容だし、ほとんどは机上の空論で、実戦には到底使えないものだ。

 

しかしこのLOVE理論は違う。恋愛マスター水野愛也氏によって提唱されたこの理論は、世界中の恋愛に関する英知が体系的にまとめられた、実践的な恋愛理論なのだ。

 

2013年12月14日に出版されて以来、多くの恋愛に悩める男性を救ってきた。今やLOVE理論ユーザーは世界にまで拡大してきており、噂ではバラクオバマ氏も、このLOVE理論を使って今の妻であるミシェル夫人をものにしたそうだ。

 

そんなLOVE理論だが、ハゲのために作られた理論と言っても過言ではないくらい、髪に悩む男性の恋愛戦略を立てる上で参考になる。

 

事実、僕はこの理論を使って今の彼女と付き合うことができた。

 

何と言ってもこの理論のすごいところは、男女の感情や恋愛の本質を、建前などを無視して語っているところにある。

 

今回は2013年に出版されたLOVE理論の中から「薄毛に悩める人」に使える理論を抽出して挙げていく。

 

 

自虐ギレ理論

What?

ハゲがなぜダサいのかのか知っているか?それは外見の問題ではない。ハゲがを恥ずかしがっているあなたのマインドだ。

 

女性というのは本能的に自信を持っている男性を選ぶ。それは自信を持っている人ほど成功する可能性が高いし、子孫を残す可能性が高いからだ。

 

だからハゲを恥ずかしがっている男というのは最もダサい。ハゲている見た目もさることながら、それが原因で自信を失ってしまっているところがダサい。

 

一方、ハゲていても自信を持っている人はかっこいい。きっとあなたは「そんなわけないだろ、自信満々なハゲがかっこいいわけがない」と思っているかもしれない。

 

残念ながらあなたの予想とは裏腹に、女性はあなたほどに薄毛を気にしていない。これは様々な調査でもわかっていることだ。

 

あなたの一番の問題はハゲを恥ずかしがっていることで、自信がないように見えてしまっていることだ。

 

だからハゲをいじられるような機会があったら、自分からハゲを晒せるくらいの気概を持とう。そうすればあなたの評価は確実に上がる。

 

LOVE理論では「自虐ギレ理論」というのが紹介されている。これはハゲをいじられた時の有効な対処法の一つだ。

 

例えばあなたが、コンプレックスであるハゲをいじられたとしよう。その時に普通ならば、顔をしかめて「気にしてるんだよね」みたいなことを言ってしまうかもしれない。でもそれはベストな対応とは言えない。なぜならコンプレックスを感じている弱いあなたがバレバレだからだ。

 

ここでの正解となる行動はこうだ。「誰がハゲじゃ」と言いながら、相手にハゲを見せつける。M字ハゲなら前髪をかきあげて相手に見せよう。

 

こうすることで「ハゲなんか気にしてない」といった男前さをアピールすることができる。

 

ん?そんなのハードルが高すぎる?では特別に僕オリジナルの対処法を授けよう。これだ。

 

「ワザと禿げたんだよ。」

 

どうだろう。これなら全てをクリアしてるんじゃないだろうか。男前さもあるし、恥ずかしがっている様子は一切ない。あるのはたくましさだけだ。

 

なんせハゲという究極のハンディキャップを自ら受け入れたということなのだから、強者すぎるだろう。

 

僕はこの方法で数々の状況を生き延びてきた。

 

 

執着の分散理論

Girls

先ほどはハゲに対する考え方を変える方法論を書いた。ここでは恋愛に対する考え方を変えてもらう。

 

多くの人にとって恋愛とは一人の女性を愛することだろう。これはこれで純愛であり、人間の良心に照らし合わせれば真っ当なことだから否定しない。

 

でも薄毛に悩める男性が取るべき行動は、複数の女性に対して同時にアタックすることだと。

 

普通の感覚からすると、浮気性や遊び人といった評価が下されるかもしれない。

 

しかしそれはモテない人が取る行動だ。モテたいなら同時に複数の人にアタックしよう。

 

なぜ一途なのがいけないか知っているか?それは余裕がなくなるからだ。女性から見ると、自分にがっついてくる男は非常にダサい。というか付き合いたくないというのが本音だ。女性は、”自分に余裕がない人”に私を幸せにできるはずがないと思っているからだ。

 

ハゲている人というのは、それだけで余裕がない場合が多い。「ハゲているから一生彼女ができないかも」や「一生結婚できないよ」などと自分で自分を追い込んでしまっているのだ。 

 

だらかあなたがとるべき戦略は、複数の女性に同時にアタックする事。「この人がダメでも、他の人が当たればいいや」くらいの感覚で臨むことが大切なのだ。

 

やってみればわかるが、事実複数人に対して同時にアタックすると、一人一人への対応がいい感じに雑になる。いくら自分にとって大切なものでも、同じものが目の前に大量にあったら、一つくらいなくなってもいいやと思うものだ。

 

最後にひとつ勘違いして欲しくないのは、僕は浮気を推奨しているわけではない。最近流行りの恋愛工学ではそれが推奨されているが、僕はオススメしない。彼女ができたら素直にその人を愛そう。

 

 

うわっつらKINDNESS理論

Untitled

どんな女性でも基本的にお姫様扱いをされるのが好きだ。仮に強い人間を装っている人でも親密な関係になったりすると、そういう側面を見せる。

 

だから狙っている女性がいたら、徹底的に優しくしよう。

 

何も心の底から湧き上がる良心によって優しくする必要はない。大切なのは形。上っ面だ。例えば意中の女性が高いところに置いてある物を取ろうとしていたら、すかさずに「俺がやるよ」と声をかけ、あなたがそれを取ってあげる。

 

これは定番だが、やってもらうと嬉しいもの。

 

他にもまだまだある。うわっつらKINDNESSをLOVE理論から引用させてもらう。

・車道側を歩く

・ふた・キャップを代わりに開ける

・レストランで椅子を引く

・足元が危ない時に手を差し伸べる

・映画のチケットや電車の切符を一人で買いに行く

・電車や車に乗る時、店に入る時など女を先にする

地震が来た時など、オーバーに守るしぐさをする

・高いところにあるものをとる

・女がトイレに行っている間に会計を済ませておく

・「寒くない?」と何度も聞く

・「大丈夫?」と何度も聞く

・「綺麗だね」と連発する

 

これだけやっておけばまず間違い無いだろう。 いとも簡単にあなたの評価は上がる。

 

女性というのは感情の生き物だ。いくら頭で「この人ハゲているからヤダ」と思っても、心がそうはさせない。うわっつらの優しさでも何度も繰り返し続ければ、「なんで私にばかりこんなにも優しくしてくれるんだろう。」と考える。

 

こうなったらこっちのものだ。

happy

実は、うわっつらKINDNESS理論を身につけるメリットは他にもある。それは「続けることで本当の優しさが身につく」ということだ。日本だとレディーファーストを学ぶ機会はほとんどない。むしろそれを大っぴらにするものなら、「あいつクサいな」なんて言われたりすることもある。

 

でも女性を大切にすることって当たり前じゃないか?これは論理的に「女性はこうだから…」などという話じゃなくて、女性を大切にすることって普通に大切だと思う。

 

うわっつらの優しさを続けていると、いかに自分が優しさにかけていたのかに気づくことができる。本当の優しさを手に入れれば、髪の毛の量で他の男に負けることなんてなくなるだろう。

 

 

大変じゃない?理論

Café

これは薄毛に悩む男性が習得するべき最後のLOVE理論。その名も「大変じゃない?理論」だ。これは女性との関係を親密にする。究極の技と言っても過言ではない。

 

先ほど紹介した理論は、行動によってあなたの優しさを示すものだったが、こちらでは会話によってあなたの優しさを相手に伝える。唯一変わらない点としては”うわっつら”であるということだ。

 

あなたは女性に何か悩みを打ち明けて欲しい時に、どんな言葉をかけるだろう?「最近辛いことあったの?」「疲れてる顔してるね」などと言っているのならすぐにやめたほうがいい。まして親密な関係でないのであれば絶対にやめよう。せいぜい「こいつ恋愛マニュアル通りやってきてるな」と思われるのがオチだ。

 

大切なのは、相手にこちらのしかけている罠に気づかせず、自ら日々の愚痴をこぼさせること。

 

そこで使えるのが「大変じゃない?」だ。もうこの言葉さえ言っておけば間違いない。これを言うだけで女性はすぐに自分の話をどんどん話し出す。

 

例えば女性が営業の仕事をしているとしよう。そこであなたはすかさず「それって結構大変じゃない?」という。本当にそれだけでいい。僕も最初はこの理論を全く信じていなかったが、実際に使ってみると効果覿面だった。

 

こちらがわざわざ小難しい質問をしなくても、次から次へと言葉が出てくる。女性は自分の愚痴を聞いてくれるだけで嬉しくなるものだ。こっちが内容を聞いていなくても「この人は私をよく理解してくれている」と勘違いをする。

 

こうなればこっちのもの。

 

これに関しても最初はうわっつらの「大変じゃない?」でいいかもしれないが、彼女を本当に大切に思うのであれば、心から心配してあげて、話を聞いてあげよう。付き合うとはそういうものだ。上っ面の関係がいつまでも続くはずがない。

 

 

まとめ

Love embrace

どうだろう。これがハゲが彼女を作るための恋愛戦略だ。自分の経験から使えそうなものだけをピックアップしてみた。それにしてもLOVE理論はさすがだ。これほど強力な恋愛理論はないだろう。これをマニュアル通り実行できれば、たとえあなたが髪のことで悩んでいたとしても、きっと恋人を作ることができる。

 

これは今回紹介した理論のまとめだ

 

✔︎ 自虐ギレ理論

✔︎ 執着の分散理論

✔︎ うわっつらKINDNESS理論

✔︎ 大変じゃない?理論

 

この理論を作り上げてくれた水野愛也様には深く感謝をしなければならない。 

 

愛也様がノーベル恋愛賞を受賞するその日もそう遠くないはずだ。

 

f:id:better_life:20161005235033j:plain
 
広告を非表示にする