読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハゲ理論

ストレスのないライフスタイルで髪を復活させることに成功。ちなみにミノフィナは効かなかった。海外と日本を行き来する生活をしながらフリーランスとして働く。そしてこのハゲ理論を運営。

筋トレをしても薄毛にならないし、むしろ髪に良い理由

よく「筋トレをするとハゲる」と言われる。この記事を読んでいる方もその情報が本当なのかどうか気になって、このページを訪れてくれたんだと思う。最初に結論から言わせてもらうと、

 

筋トレで薄毛になることはない。

 

むしろ筋トレをすることは髪にいいことだし、精神にも好影響を与える。それに加えて健康にもいいため、むしろ筋トレはしたほうがいい。

 

これを聞いて驚いている方も多いかもしれない。だが僕が現時点で持っている最大限の知識と経験から導き出すとそういうことになる。

 

その理由を説明していこうと思う。

 

 

 

筋トレをしても薄毛にならない理由

Muscle

テストステロンが増加してもハゲない

多くの人が恐れているのは筋トレによるテストステロンの増加だろう。確かに筋トレをすることでテストステロンの分泌量が増えることは知られている。しかしながらハゲの原因はテストステロンではない。

 

薄毛を引き起こす原因物質はジヒドロテストステロンという男性ホルモンの1つだ。これはテストステロンが毛根の5αリダクターゼと結合することによって生み出される男性ホルモンだ。

 

ここで多くの人が「テストステロン→5αリダクターゼ→ジヒドロテストステロン」という構図を考え、テストステロンの増加がハゲを引き起こすと考えてしまう。

 

だから筋トレをすることは髪に悪影響だと考えてしまう。しかしながら、これは正しくはない。

 

 

 

テストステロン減少の方がヤバイ

多くの人はハゲないためにテストステロンの生産を抑えるようにする。実はこれは間違った対処法。なぜならハゲの原因物質である悪性男性ホルモンは、テストステロンの減少によって引き起こされるからだ。

 

ジヒドロテストステロンという物質はテストステロンの代わりとなる物質だ。つまり何らかの原因でテストステロンが減少した時に、その代わりとして分泌されるわけだ。

 

筋トレをせずにテストステロン値を抑えることで何が引き起こされるのかというと、ハゲホルモンの増加だ。

 

多くのサイトでは男性ホルモンを抑えるような生活を心がけるようなアドバイスがされてあるが、それは間違っている可能性が非常に高い。実は男らしい生活を心がけるほど、髪にはいいわけだ。

 

ちなみに人間はストレスを感じるとジヒドロステロテストステロンが大量に分泌される。

 

これは少し考えてみればわかることだが、ストレスを感じているときはどんな状況だろう?男らしく振舞っているとき?堂々としてるとき?いや違う。女々しく振舞っているときだ。つまりテストステロンが減少している状態。

 

だから悪性男性ホルモンを抑え、テストステロンを増加させるためには、男らしいマインドを持つことと、男らしい振る舞いを見せることが大切だということだ。

 

 

 

筋トレはむしろ髪にいい理由

ここまで筋トレをすることはハゲの原因にはならないと書いてきた。ここからは筋トレがむしろ抜け毛対策にいい理由を書いていこうと思う。

 

 

血行が良くなりむしろ体にいい

Jan. 26, 2015: Gun show

頭皮の血行を良くすることが、髪にいいことは多くの方が知っているだろう。そのため頭皮マッサージなどを積極的に行っている方も多いはずだ。

 

実は筋トレをすることでも頭皮の血行は改善することができる。むしろ筋トレをすることによる血行への効果の方が高いと僕は考えている。というのも頭皮のみの血流を良くするより、体全身の血行を良くすることで根本的な問題解決になるからだ。

 

筋肉は血流を補助する役割を果たしている。心臓から出た血液は、筋肉が動くことにより血管が押されることで血液の流れが速くなる。特に脚の筋肉は第二の心臓とも言われていて、筋肉量が多いほど素早く血液を心臓に送り返すことができる。

 

こうして全身の血流を良くすることで、頭皮の血行も良くすることができる。

 

逆に頭皮マッサージの効果は持続性がなく、やっても血流はすぐに悪くなると僕は考えている。

 

 

新たな毛細血管が生まれる

頭皮にはたくさんの毛細血管があり、それらが毛根に栄養を与えてくれている。つまり毛細血管の減少が引き起こすのは、抜け毛や薄毛だ。

 

年齢とともに抜け毛が増加するのはテストステロンの減少に加えて、毛細血管の数が減少である可能性がある。

 

実は筋トレをすることで新たな毛細血管を生み出す効果が期待されている。

 

ほとんどの人が筋トレとは言わないまでも、軽く腕立て伏せなどをやったことはあるだろう。少しやっただけで一気に心拍するが上がり、体温も上昇したはずだ。

 

そのとき血流量が一時的に増加することで、新たな毛細血管が生まれる。さらには今まで利用されていなかった毛細血管が再生される。

 

たかだか数分の筋トレをしただけでこれだけの効果が期待できるわけだ。

 

 

 

筋肉をトレーニングすることでストレスが減る

Smile

もはやこれ以上筋トレの良さを説明する必要がないかと思うが、僕にとって非常に重要な部分だから書かせてもらう。それが筋トレによるストレスの解消だ。

 

科学的には筋トレをすることで幸せホルモンであるセロトニンが増えることで、ストレスが解消されるそうだ。

 

科学的な根拠についてはいまいちわからないが、僕自身の感覚的にも間違い無いと思う。かなりストレスを感じにくくなる。

 

実はストレスを感じないことはとてもいいことだ。なぜならストレスによって悪性男性ホルモンが増加することがわかっているからだ。

 

つまり筋トレをすることでストレス耐性がつき、抜け毛を抑えられるというわけだ。ストレスがハゲの原因になることは次の記事に詳しく書いている。

 

 

 

僕がやっている筋トレ

僕は今でも筋トレを欠かさずに行っている。髪にいいことはもちろんのこと、精神的に筋トレをしていた方が清々しいからだ。なぜか筋トレをすると気分が楽になる。

 

僕が行っている筋トレはいたってシンプル。

 

  • 腕立て伏せ×10回(顎をつけて)
  • 腹筋×30回
  • スクワット×30回

 

この3つだ。大体3〜4セット。一日おきにやっている。ジムに通ったり外でランニングしたりは一切していない。出費ゼロでできる。

 

これだけで抜け毛対策になるわけだから、読者の方も是非やってほしい。最初は数字にとらわれずに、できる回数だけやるといい。

 

僕は一切無理はせず、自分が出来る範囲でやってる。続けることが大切だ。

 

 

 

最後に:トレーニングしよう

よくネットでは「筋トレしたら禿げた」というものを見つけるが、それは筋トレをする前から薄毛が進行していたのではないかと僕は考えている。
 
大体筋トレをしたくらいで、一気に抜け毛が増加するなんておかしな話だ。そうしたらジムに通ってトレーニングしている人なんてみんな禿げ上がってるだろう。ジムが抜け毛の山で大変なことになる。
 
おそらく筋トレしたら抜け毛が増えたと言っている人は、都合よく筋トレをハゲの原因にしている。筋トレをしていなくても髪は抜けていただろう。
 
最初の方で説明した通り、テストステロンの増加はいいことだ。逆にテストステロンの減少によって、ジヒドロテストステロンが増加することがマズイ。
 
筋トレをして健康な体と精神、そして髪を手に入れよう。
 
広告を非表示にする